鳩はさっさと駆除でさようなら|綺麗な家に戻そう

男の人

イタチ捕獲には許可を

作業員

イタチの捕獲は許可なしにはできない

鳩などの野生動物は見た目の可愛らしさから、キャラクターグッズになっているものも多く、そうした動物は人間にとって身近な親しみやすさを感じてしまいます。一方イタチは見かけと異なり危険な動物であり、その爪や歯を使って人間を攻撃する事も珍しくありません。屋内で見つけた場合、接触するのは避けるようにしましょう。できるだけ近づかず、上手く捕獲する必要があります。ちなみにイタチを捕獲する場合、あらかじめ許可を申請する必要がありますので、仕事で忙しく許可を取りにいく時間がない場合、捕獲専門の業者に仕事を依頼すると良いでしょう。専門業者であれば許可の申請を代行して頂けます。 また一般人であれば、イタチを捕獲した後の処置が困難ですから、一連の作業を任せるためにも専門業者に依頼するのが最も良いでしょう。

害獣を追い出す以外に必要な事

近年のイタチ駆除業者は、「捕獲」だけでなくイタチ被害をカバーする上で多様な仕事を行なってくれる業者が存在しています。例えば住宅に糞尿被害が出てしまった場合、臭いだけでなく衛生上の問題を引き起こしますが、こうした清掃を行なって頂けるのです。糞尿が残された場合清掃だけでなく、消臭と除菌も必要ですから、専門業者の手は欠かせません。また屋内に何らかの破損が生じてしまった場合、二度と侵入されないように工事を行なって頂く事も可能です。野生動物は棲み良い空間に集まるものですから、イタチに「侵入されない家」を作る努力を怠らないようにしましょう。こうした鳩やイタチなどの野生動物の駆除を業者に依頼する場合、できるだけアフターケアの徹底している業者を選ぶようにしましょう。

イタチ駆除業者選び

作業スタッフ

イタチやノミ、コジラミ、ねずみを見つけたら早期に駆除するのが望ましいです。このとき、業者に依頼することで効率よく駆除をしてもらえます。業者を選ぶ際のポイントもまとめていますので参考にしてみてください。

詳しくはこちら

無理しない

一軒家

ハチを退治する際、市販のスプレーを使い行なう人もいますが、無理に行なうと刺されてしまう危険性があります。退治をしても効果が無い場合は、業者に依頼し退治してもらいましょう。そうすることで安全に退治することができます。

詳しくはこちら

被害を防ぐ

散布機

ハクビシンが住宅に住み着かないように対策を取る場合、業者に依頼して行なうことが大切です。ハクビシンは小さな隙間からも侵入するため、専門の知識を持つプロに依頼することで侵入を防ぎ、被害からも防ぐことができます。

詳しくはこちら