被害を防ぐ|鳩はさっさと駆除でさようなら|綺麗な家に戻そう

鳩はさっさと駆除でさようなら|綺麗な家に戻そう

作業スタッフ

被害を防ぐ

散布機

業者に依頼する際のコツ

ハクビシンの被害に気が付いた場合には、まず侵入口を探すことから始めます。少しの隙間からでも家屋に侵入することが出来るので、穴などを見つけた場合には塞ぐようにしましょう。ただし、ハクビシンが家屋内にいる状態で出入口となっている穴を塞いでしまうと、死骸が悪臭などの原因になりますので注意が必要です。専門の業者に駆除を依頼する場合には、まずいくつかの業者に見積りを依頼します。費用だけではなく、駆除方法や駆除後の対策などについても確認することが大切です。見積りや依頼は、電話でも行うことが出来ますが、インターネットサービスを利用することにより、自分の都合に合わせて、無料で問い合わせることが出来るので便利です。

健康被害をもたらす可能性もあります

住宅に巣を作ることの多いハクビシンは、適切な対策を講じないと健康被害をもたらす可能性があります。特に、小さい子どもがいるという場合には、その被害が深刻なものになりかねませんので、早めの対策が重要になります。ハクビシンなどの野生動物の被害というと、農村地帯というイメージがありましたが、最近では都会でもその被害が急増しています。ハクビシンは、同じ所で糞尿をするという習性があります。そのため、その臭いが家屋に染み付いてしまったり、場合によっては重みで天井が抜けるということもあります。さらに、ノミやダニ、ウジの発生原因にもなりかねません。個人で行うことが出来る対策には限界があります。信頼することが出来る業者に対策を依頼することをオススメします。